滋賀の和風・和モダン住宅の間取り

滋賀の和風・和モダン住宅の間取り の トップページへ戻る

和風・和モダン住宅施工例

営業エリア   営業エリア

長浜市・大津市・彦根市・草津市
米原市・犬上郡・愛知郡・守山市
栗東市・草津市・野洲市・近江八幡市
東近江市・湖南市・甲賀市・蒲生郡

他滋賀県全域

注文住宅 相場,注文住宅 費用,注文住宅 間取り,注文住宅 予算,注文住宅 価格 比較,モダンデザイン

自然素材を生かした和モダンの家:滋賀県彦根市
切妻屋根や格子戸で「和」のテイストと温かさを盛り込んだ家


自然素材を生かした和モダンの家:滋賀県彦根市


【コンセプト】

建設地は琵琶湖から近く、琵琶湖からの浜風がよく吹く場所です。
南北に長く、南東面と南西面を道路に面するという好立地のなか、西日を遮りながら浜風を活かし風通しが良く、朝日が全ての部屋に差し込む様にプランを計画しました。
琵琶湖からの浜風を通すということは西の開口を設けることを意味します。しかし住宅にとって西日は避けたいものです。そこで西側の窓は極力避け、浜風を通す窓として1階は通り土間突き当たりに、2階はホールの上部に最小限に設ける計画とし、各部屋にも2方向の開口を設け、部屋内での風の通り道と、家全体の風の通り道を設ける計画としました。

浜風が通る「通り土間」
入った際の空間の広がりと、壁紙と3方枠により空間を区切る事により、突き当たりにある窓を一つの間として構成し、季節ごとのしつらいの演出の場となります。

「おもてなし」へのこだわり
玄関を入って正面に見える印象的な空間のおもてなしに始まり、親しい友達はリビングに、特別なお客様は和室へと迎え直接招き入れる事ができる通り土間。家族用には内玄関を設け玄関からは直接見えない位置へ配置しました。

「和」へのこだわり
外観は、下屋を設け水平ラインを強調した切妻屋根。一部に焼板を張り、タテ格子を設けることで、和のテイストを盛り込みました。軒下は、駐車場から玄関までの通路の役割と、リビング・ダイニングと外部との空間に間をつくる役割をしています。内部にも、格子建具や、縦格子を用い、生活の中にも和の温かさを盛り込みました。

「和室」へのこだわり
通り土間を設ける事により、家の中の離れをイメージした和室。特別なお客様の客間や趣味の部屋の場となります。

「リビング」へのこだわり
床、作り付け家具、縦格子に無垢材を使用、サッシを含め全体をナチュラル色で統一する事により自然な素材感を感じるやさしさを表現することができました。



【お客様の声】

我が家をゼロから建てるなら「自分の理想のイメージを実現させたい」
その想いと現実をより近くしてくれたのが、材信工務店さんでした。
度重なる図面や仕様の変更にも、気持ちよく対応して頂きました。過去の施工を基に、アドバイスや提案を頂き、試行錯誤を重ねて良い家にできあがったと感謝しております。
最初から実現できるべきもの、将来的に実現するものを区別し、今後も気軽に相談していきたいと思います。今後とも宜しくお願い致します。


【詳細】

濃淡の二色の格子戸がアクセントとなった奥行きのある土間土間から低めの段差で行き来可能な和室
濃淡の二色の格子戸がアクセントとなった
奥行きのある土間
土間から低めの段差で行き来可能な和室
木目も美しい自然素材を活かしたキッチンライティングにも工夫を凝らした落ち着きのあるリビング
木目も美しい自然素材を活かしたキッチンライティングにも工夫を凝らした
落ち着きのあるリビング
採光性の良い明るいイメージの二階ホール和のテイストを感じさせるモダンな外観
採光性の良い明るいイメージの二階ホール和のテイストを感じさせるモダンな外観
画像をクリックすると拡大してご覧になれます。


【物件概要】

所 在 地:滋賀県彦根市松原町
構造規模:木造二階建て 住宅 新築
竣 工 年:2009年9月
延床面積:147.68m(44.6坪)
建築面積:89.47m(27.0坪)
敷地面積:199.9m(60.4坪)
施工期間:2009年5月から2009年9月
家族構成:夫婦
設  計:Nove Works 材信工務店

お問い合わせ資料請求

滋賀で新築・注文住宅ならノブワークス・材信工務店
和風住宅・和モダン住宅のノブワークス(材信工務店) 自然素材で注文住宅ならノブワークス(材信工務店) 鉄筋コンクリートでrc住宅のノブワークス(材信工務店) デザインリフォーム・古民家再生
提供:ホームページ制作SEO対策担当e売るしくみ研究所